何事も失敗と反省と練習の積み重ねが大切です。


by toukaei

 雪が降る

「南昌に雪が降りましたか」初出勤日に「何かおいしいお土産持って食べてくれますか」って
一般的な問題と違って広東省に育ち仲間のある07年の初めての質問です。
「えっ、雪!見たことがないですよ。まして、数年来気温だんだん上がるばかりで、
この二、三年は一度もなかったですよ。」と私が答えました。「もしかして、
あなたは本番の雪一度も見たことがないですか?先日北京に旅行したんでしょう、
その時降っていなかったですか」と続けて聞きました。

一般人都会问[有没有带什么好吃的给我们],而在
广东省土生土长的同事07年的头一个问题就是:
[南昌有没有下雪啊]
[啊,下雪!没有啊。更何况近几年来气温不断上升,
这二三年都没下过了。哎,你不会是从来没见过真正的雪吧?
前不久你不上去北京玩了吗,那时没下啊]

彼女は残念ながら横に振りました。
「そうなんですよ。東北のほうにまだチャンスがあり、
例えば哈尔滨とか长春そういうところで、
環境を影響されることがもっと深刻だったら、あと 
二、三年だったら、そのチャンスもなくなったかも
知れませんよ」ほかの同僚も私たちの話にはなさ込みました。

她很遗憾地摇摇头。
另一同事插进我们的话题中来:
[对哦。东北那边应该还可以看的,比如像哈尔滨,长春啊,
环境破坏再严重一些,过个两三年,可能哪都看不到了]

物事も両面性があり、深センというところが四季はっきりしていない、
冬がないと長所があると言われるの反面で、
思い切って雪だるまを遊ぶ喜びも体験できません。

事情都有其两面性,在都说着深圳四季不分明,
没有冬天的好处同时,
也少了尽情打雪人的乐趣。
[PR]
by toukaei | 2007-02-28 17:49 | 日常生活