何事も失敗と反省と練習の積み重ねが大切です。


by toukaei

運命


土曜日、幼い仲間のところへ遊びに行った、到着すると携帯電話をかけて
向かいに来た。「昨日、**さんの母は亡くなっちゃったって知ってたんだろう」
と聞かれた。「えっ、亡くなった。うそだろう、そんなはずがないだろう、春節で
実家に帰ったときにもしっかりしていたのに」私は信じられない顔していた。

周六到小学同学那里去玩,到了以后就给她打电话,让她来接我。
一来就说:**的妈妈昨天去世了,你知道吧。
“啊,去世了。没可能吧,过年回家时还好好的呢。我一副难以置信的表情。

しばらくして、ほかの友達に確認してから、確かに事実とのことだ。
彼女は医大三年生で、私より一ヶ月若くて、父は二年前に肝癌で他界に行っちゃったが、
そして、お兄さんはここ二三年から、どういうわけか神経がちょっと問題があって、
時々発症したこともあった。私は彼女に始めて見たとき、彼女は誰よりも幸せそうで、
父は小学校の校長で、自分も幼いころからいい成績を取られて、でも、今になって、
なんてそんな短い時間のうちに、こんな不幸にっなっちゃった。

过了一会,跟其它朋友确认后,原来是真的。
她还是医学院大三,比我小一个月,父亲在二年前因肝癌去世。
并且,哥哥也在近这两三年来,不知道为什么好像神经有些问题。
有时就会发作。记得我第一次看见她的时候,她就像个公主,
爸爸是小学校长,自己也从小就成绩很好,但是,到现在,
在如此短的时间内,居然如此不幸。

もともと、私たちは友達にとって、慰めに電話一本ぐらいではずだったが、
でも、電話かけて何をいけばいいかさっぱりわからなくなっちゃった。
できることは、みんなお金を出し合い、彼女は大学を終わらせるようにする。

其实我们做为朋友,都应该打个电话安慰一下她的。
但是,真的打通了电话不知道要说些什么好。
能做的,只有大家凑些钱,帮她把大学读完。

前にも言ったが、運命何かって全然信じないって、
でも、自分にもこんなこと次々で会ったとき、信じなければならない。
其实之前我也有讲过,是根本不信命这种东西的。
但是,要是自己也不断的摊上这样的事,就不得不信了。
[PR]
by toukaei | 2007-03-12 10:54 | 日常生活